NEWS TOPICS

2017/7/14

公式サイトをオープンしました!

長崎県離島ビジネス立上げコンテストとは、

県内の離島地域における創業や新規事業の促進のため

離島で展開可能なビジネスプランを全国に公募し

表彰するコンテストです。

長崎県の離島地域(対馬、壱岐島、五島列島)は、国境を接する地域の中に大小様々な島々を抱えています。

これらの地域では人口減少が進んでいるため、地域社会の維持が急務となっています。一方、環境面に目を向ければ豊かな自然と風土に恵まれるほか、観光資源としては隠れキリシタンの関連遺産(五島列島)や原の辻遺跡(壱岐島)、和多都美(わたつみ)神社(対馬)など、歴史を後世に伝える貴重な文化遺産を数多く有している地域でもあります。

 

長崎県離島ビジネス立上げコンテストは、これら離島地域で展開可能なビジネスプランを日本全国から募るコンテストの開催を通じて、離島地域に新たなビジネスを根付かせることや、それを通じて地域経済の活性化・島しょ部ならではの問題解決を目指します。

離島ビジネス立上げコンテストのプログラム構成

当コンテストの開催に先立ち、7月26日(水)には東京にて当コンテストのPRイベントを開催。

また、コンテストへの応募を検討する人を対象に、長崎県の離島地域(五島市)での、1泊2日の「ビジネスプラン練り上げ合宿」を秋期に実施します。この合宿では、自らの足で現地を訪れて視察、住民の方との交流を通じて島しょ部が抱える課題やニーズに直接触れることで、ビジネスプランのブラッシュアップに役立てて頂くことを想定しています。

合宿終了後には、東京にて2回の「ビジネスプラン作成支援講座」を開催。また、希望者には別途、有識者によるビジネスプランのフィードバックを実施。コンテストの応募に相応しいビジネスプランを創出できるよう、手厚くサポート致します。

ビジネスプラン練り上げ合宿について

当コンテストのプログラム構成の中でも、コンテスト本選と並び重要性が高いのが、秋季に開催を予定している「ビジネスプラン練り上げ合宿」です。この合宿では、現地での訪問・滞在を通じて、ビジネスプランによりリアリティを持たせます。

 

現地でのフィールドワークとマイプロを通じて離島での起業をリアルにイメージ

合宿では、実際に長崎県の離島に1泊2日の日程で滞在。一次産業や老舗企業への訪問・体験といったフィールドワークを通じ、地域との関係性を構築します。また、マイプロ*を通して現地住民の声を聞き、離島での起業を志す意識を高めます。

 

フィールドワークを通じて離島の「働く」と「暮らす」を実感する

離島の漁師・農家の訪問で一次産業の今後の展望・課題への理解を深め、老舗企業の訪問では離島でビジネスを続けていくための、「働く」ヒントを見つけます。また、現地住民と実施するワークショップ等での交流を通じて、離島での「暮らす」をより身近に感じて頂きます。

 

マイプロ*で自分事として地域での事業を考える

離島での起業には、自分自身の根拠となる “揺らがない思い” が欠かせません。

「なぜ離島で起業するのか」「なぜその事業なのか」「誰にどんな価値を与えるビジネスプランなのか」

生きるチカラと自己肯定感を高める人材・プロジェクト開発手法「マイプロジェクト」を活用し、離島での事業を自分事化し、離島で創業できるマインドと行動力を持った人材への成長を促します。

マイプロ(マイプロジェクト)とは?

マイプロとは、「マイプロ発表」技法によって、個人が本当に自分事として興味や関心のある物事に出会うことをサポートします。

一般論や「べき」論による課題設定ではなく、個人の経験や原体験から感じる身の回りの課題や、社会に対する違和感や疑問から、個人が「したい」という感情に基づいて取り組める等身大の課題を導き出すサポートをし、プロジェクトとしてその第一歩に取り組むことを支援する、アントレプレナーシップや自己肯定感を高めることができる人材・プロジェクト開発手法です。

参加者は事前審査により選考

練り上げ合宿の参加希望者は応募時に企画書と自己PR文の提出が求められ、内容が審査されます。
事業の実現可能性や、離島活性化への熱意が求められます。

 事務局:エイチタス株式会社

お問い合わせ:event@htus.jp(担当:塚原)

©2017 長崎県離島ビジネス立上げコンテスト.All Rights Reserved.

NEWS TOPICS
NEWS TOPICS
NEWS TOPICS